今度はカナダへ

60代前半。女。やってみたいこといっぱいあり~🎵なんです。 体験したことの備忘録的ブログです。

お遍路体験してみよっと!(38日目)

5月2日。
民宿あずさを6:50に出る。81番白峰寺に向かってまだ宿を出たばかりのところで70代と思われる男性が車で走ってきて止まる。何かなと思っていたら飴が5~6個入つたジッパーつきのポリ袋をお接待をしてくださった。皆さんもう用意して車の中に保管してるようだ。
菅笠に白衣の歩き遍路は遠くからでも発見しやすい。お接待に声をかけていただくことが多いだろうと思った。

白峰寺から私たちとは反対に行く一人の外人女性と会う。この人とはまた別のところで会い、スイス人でベアさんと知った。スイスならトレッキングをされているのだろう。白峰寺もキツくはないが山道だ。

白峰寺を終えると82番根香寺
お寺って山の中に多い。また山道を登ったり下りたり。お休み所が欲しいなぁと思うが、ない。高松西高の野球部員さんらが山道を走って行く。部活かな。世の中は休日。でも働いている人も多い。
里に下りて行くとやっと飯田休憩所に出た。新しいし、広い。梅の砂糖漬けをいただいた。男性が入って来たので代わって出る。夕方6時で閉まる。

時間的には83番の一宮寺まで行けるのだが、ゴールデンウイークで高松駅近くのビジネスホテルは全くない。で、野宿。場所は河川敷公園。ここに来る途中のスーパーマルナカで食べ物を購入。シートを広げてお昼を食べ、昼間する。
向こう側に簡易トイレあり。散歩で通った女性が私一人だった時に話しかけてきた。よくこのあたりで遍路が野宿するらしい。私もどこに泊まるか聞かれた。宿の予約ができなかったと話したら女一人で野宿は危ないと思ってか、自宅の車庫に泊まっていいですよとおっしゃる。連れがいるので聞いてみますからと言い、連れの戻るのをしゃべりながら待った。案の定、連れは遠慮と気を使いたくなくて断った。
時間があるので近くを歩いてみる。そうしたら道路の向こう側に墓地があるが、その前が公園になっていて東屋もあった。夕方そちらに移動した。椅子の幅が狭いためレンガの地面に落ちるのが心配で下にマットを敷いて寝た。風があったが顔も寝袋の中に入れると全然大丈夫。朝になってみると風は止んでいた。夜露も降りなかった。